ブラックリストに載っても、またローンが組めるって本当!?

自己破産した人はもちろんのこと、私のように民事再生をした方、そしてローン返済やクレジットの支払いが滞納して通達が来ても対処しなかった方は、ブラックリストに載ります。

ローン会社やクレジット会社、消費者金融会社は、信用情報機関に登録された情報(いわゆるブラックリスト)をもとに審査を行ないますので、そこに名前などの登録があると審査が下りることは残念ながらありません。

ブラックリストに載るとどうなるの?

「ブラックリストに載る」とは、信用情報機関に登録されることを言い、この情報が機関で管理されるということは、「この人は期日までにお金を支払うと約束しても、その約束を果たさない信用できない人です」と捉えられるということです。

信用情報機関は金融庁から指定された団体で、3機関が存在します。

・全国銀行個人信用情報センター
  銀行などの団体が主に加盟しています

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  信販会社・クレジットカード会社などの団体が加盟しています。

・株式会社日本信用情報機構
  消費者金融などの団体が加盟しています。
  
貸金業者は、借入を行なう個人の収入を把握し、収入の3分の1を超える貸し付けを行なってはならないとされています。そのため、法律によって貸金業者はこういった団体への加盟をし、信用情報を登録しなければいけないとされているのです。

この信用情報機関に登録される情報としては、氏名や生年月日、住所や勤務先の電話番号など基本的なことはもちろんのこと、延滞などが発生した際の契約内容や契約金額、延滞の有無とその延滞期間や、法的申立ての取り下げの有無、返済が行なわれた履歴などがあります。

自己破産や民事再生などの債務整理を行なうと、返済を猶予してもらえたり、借入額を圧縮してもらえるかたちになったりと、返さなければいけないお金の負担が減るだけでは、何もペナルティーがないことになってしまいます。

つまり、借金をするだけしてしまい、最後に債務整理をした者勝ちといういう状況が生まれかねません。これでは業者も契約をする際のリスクが高すぎることになります。そこで、こういった情報の登録が行なわれるというわけなのです。

ブラックリストから情報を取り下げることは可能?

私なりにサイトをいろいろ見てみましたが、電話をかけて情報機関に足を運べば、驚くほどあっさりと処理してもらえてカードが使えるようになったという旨の記載を数多く見つけました。けれど、ご自身の体験談というものは少なく、だいたいはネットで情報を収集したか、友達の友達の・・・といった関係の噂話のようなものが多いようでした。

実際に体験された方も、額が少なく、また親から個人情報機関に電話で自ら登録してほしいと申し出て登録されていたケースだったものも見受けられ、私のような状況の者が同じように扱ってもらえるとは考えにくいです。

また、信頼できる情報として、次のようなサイトを見つけました。内容を簡単に書きますので、ご覧ください。

「機関に登録されている信用登録情報が事実である場合、この事故情報は一定期間が終了するまでは、どんな手段を用いても抹消してもらうことはできません。一定期間とは、細かな日数が設けられているわけではありませんが、だいたい5~10年と言われています。

「ブラックリストから個人情報を消します」といって広告を出している業者がいますが、
どのような業者であっても、このような処理を行なうことは不可能ですので、間違っても応じてはいけません。登録抹消手続きの手数料というかたちでお金をだまし取られてしまい、ブラックリストに載っていてもお金が借りれるというヤミ金融を紹介され、借金がまたできてしまうという最悪な結果も予想されます。

参考元:アディーレ法律相談事務所http://www.adire.jp/blacklist/06delete.html

自分の登録がどのような状況になっているか、もう一定期間は過ぎたのかなどは、情報開示を求めることで確認できます。上記機関へ連絡をすると、応じてもらえます。ただし、個人情報ですので、徹底した本人確認が行なわれます。

クレジットカードがあると便利ですし、公共料金などでもポイントが貯まるのは魅力的ですので、カードがない生活というのは、正直ちょっと物足りないと感じるものです。ですが、先ほども書きましたが、本来は返さなければならないお金を返せずにいながら、一般の方々と同じ生活を送っているようではいけないのです。

ブログの普及もあり、インターネットには信憑性の低い情報も含まれています。借入状況や延滞状況はそれぞれ個人によって異なりますので、気になる方は、まず情報機関に問い合わせをしてみましょう。

最後になりましたが、つまり、ブラックリストに載ってもローンを再び組むことは可能です。一生ローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなかったりするというわけではありません。しかしながら、ブラックリストに載っているものを、設けられた期間よりも早く、こちらの都合だけで削除してもらうということは不可能です。理由は上に書いた通りとなります。

コメントを残す

このページの先頭へ