もしも予期せぬ事態が起こったら・・・

以前の記事でも書きましたが、民事再生の申請を行なう前に、本当に民事再生の手続き後も返済をしていくことが可能かどうかを判断してもらうため積立を行ないます。

積立なので、誰かにお金を振り込んだり預けたりということはありません。自分の決めた銀行の自分名義の口座に、毎月一定額を貯金(つまり積立)していくわけです。

でも、何かの事情で積立が途中1ヶ月でもできなくなってしまったら、どうなるのでしょう。その場合は、破産に移行してしまうのかどうか、お話していきたいと思います。

民事再生を申請する前に、積立をする意味は?

弁護士に相談すると、すぐに債権者からの連絡はストップされるというお話は既にしました。いわゆる「ヤミ金融」でない限り、連絡は一切来なくなります。それと同じ頃、積立を弁護士から勧められることになると思います。

もしも民事再生を実行した場合の毎月の返済額が3万円になるとすれば、積立は余裕をもって3万5千円か4万円になると思われます。民事再生後の返済額は計算をすることができ、借入金額の合計額が分かれば割り出せます。

積立を行なうことは、裁判所に対して「この人は申請前に毎月こんなに積立をしながらも生活を送れていたので、民事再生後もこのように返済を続けていくことが可能です」ということを証明できる材料となります。

民事再生をするくらいなので、お金に対しての信用度は落ちています。しかし、実際に返済する額よりも多めの積立を続けていたことを証明できれば、裁判所も民事再生を認可するにあたっては問題がないと認定してくれます。つまり、裁判所に認定をもらうための判断材料の1つとして、積立を続けるというわけです。これは、民事再生の申請をした約2ヶ月後の、民事再生の認定がおりる頃まで続けられます。

民事再生の認定が下りれば、その積立金は、実質あなたの自由です。ずっとお金をかけることができていなかったことに使ってもいいですし、ご迷惑をかけた人に手紙と心ばかりの品を送ってもいいでしょう。もちろん、民事再生の返済が万が一滞ってしまった場合に備えるという方法もあります。

では、積立が継続できなくなってしまった場合は、どうなるの?

債権者からの連絡が止まり、民事再生を申請して認可されるまでの間、私の場合、10か月ほどかかりました。民事再生に進むことを弁護士が認めるまでに3~4ヶ月、そしてその後、実際に裁判所が認めるまでに6~7ヶかかりました。民事再生をするくらいなので貯金があるはずもなく、このような状態の時に、もしもまとまったお金が必要なことが起こったら、そのまま自己破産へと移行してしまうのでしょうか?

答えは、NOです。積立を崩してしまう出来事が1度あったからといって、その理由を問わず自己破産へ移行するといったことはありません。再度、積立を1からやり直し、積立を継続できるということを証明することができればいいのです。

しかしながら、裁判所には債権者へ弁護士を通して連絡をした時期と、2度目の積立後に民事再生を申請した時期が知らされることになります。どうして申請までこんなにも長い時間がかかったのか、弁護士が説明する必要がでてきます。積立を崩した理由も明記されることになります。そして、もうこれ以上、再び積立をやり直すチャンスはないと考えていた方がいいです。

民事再生を希望しながらも自己破産へと手続きが移行することになるということは、住宅を手放す必要がでてくるということです。もともと自己破産でと考えていた人とは違い、辛い状況になるでしょう。

ですが、無理をして民事再生の手続きをしても、結局、その返済すらも苦しいという生活を送るよりは、精神的にも金銭的にも余裕のある毎日を過ごせるようにと、弁護士が判断する場合もあります。

このような状況にならないためにも、毎月の積立を確保しながらも毎月いくらか貯金をし、不測の事態が起こった際にできるだけ対処できるようにしておくことが大事です。民事再生は堅苦しい制度ではありません。この制度を通して金銭的に苦しい状況から救われるだけでなく、お金の有り難さを見直すきっかけまで頂けるのですから。

コメントを残す

このページの先頭へ