固定費の見直し!気をつけることは?

収入を増やせるだけ増やすことに力を注ぎつつ、支出をできる限り抑える、これが節約です。

我が家は私が扶養内範囲の収入に抑えることで、社会保険の支払いも年金の支払いもせずに済んでおり、主人の会社より家族手当を頂くこともできています。

ですからあとは、支出を抑えることに力を注ぐことになります。

節約とは?

まず、無理なことはしないというのが肝心です。節約と我慢は違います。節約とケチもまた違います。

目先の支出さえ抑えられれば良く、時には周りの方への迷惑すら考えない姿勢は、いかがなものかと思います。携帯代が勿体ないから携帯は持たない、これが1番わかりやすい例です。

その家の最低基準を決め、そこからは生活の質を落とさないこと。将来への投資など重要なことにはお金を惜しまず、支出のメリハリをつけて生活を豊かに過ごすこと。つまり、余分な支出だけを省き、効率よく毎日を過ごすこと、これが節約では重要です。

支出を抑えることで、大事なこととは?

家計の支出は、固定費と変動費の2つから成り立っています。

固定費は毎月同じ目的のために同じ額の支出がある項目のことで、家賃や駐車場代、新聞代や保険料などがあげられます。また、変動費とは、その月ごとに金額が異なるもので、食費や通信料、医療費や生活雑貨費などがあげられます。

変動費はその1ヶ月の生活の仕方で変わるので、節約というとこちらの項目を意識することが多いものです。けれど、生活が反映されている支出を減らすということは、生活スタイルを見直すということにつながり、なかなか難しいことでもあります。

一方で、固定費を見直すことはどうでしょうか?

どこであれ家に住むことは最低限必要ですが、毎月払っているものだから払って当たり前だと感じて支払い続けていることもあります。

詳しくはまた後日お話できればと思いますが、1度こういった先入観を捨ててしまえば、固定費の見直しは、大きな金額を毎月確実に節約できることにつながるのです。

固定費の見直しで注意する点は?

これは節約の基本とも言えることになりますが、目先の支出にとらわれすぎないことが大事です。特に、住宅費の見直しについては慎重に行なうべきであると言えます。

家賃にしても住宅ローンにしても、毎月数万円から十数万円という大きな支出となるため、この項目の支出を抑えることができればと誰もが思うことでしょう。

たとえば今、駅に近い家賃月8万円の物件に家族3人で住んでいたとします。この家賃を抑えたいと考え、月5万円の今よりも少し不便なところに引っ越しを考えます。3万円浮くなら、多少狭くても不便でも・・・と決意したわけなのですが、どうでしょう。

支出だけを見れば月3万円も家賃を抑えることができ、年間36万円も貯金が増えると思いがちですが、実はそう簡単にはいきません。

まず、ここには引っ越し費用が計算されていません。家族3人ともなると、引っ越し費用がそれなりにかかります。引っ越しに伴い、家具の処分などがあればその費用もかかりますし、敷金や礼金も支払わなくてはなりません。

それに、住む地域が変わることでお子様の保育園や幼稚園が変われば、それに合わせて制服や持ち物を買い直す必要がでてきたり、ご主人さまの毎日の出社に負担が出てくる場合もあります。こうなってしまっては本末転倒です。

住居費の見直しに関しては長い目で節約となるかどうかを考え、過ごしやすさなど家族の意見も大事にしたうえで慎重に慎重に行なうべきものとなることを意識しておきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ